Biglobeをフレッツ光で使用する方法

現代は高速インターネット回線が必要な時代です。単にインターネットを閲覧し情報を得るだけなら携帯端末で十分ですが、インターネットを少しでも仕事で利用する場合は光回線への接続が必須の状況です。

NTTのフレッツ光は単独でも申し込みが可能ですが、Biglobeなどのプロバイダーを使用することを条件とした申し込みもできます。その場合は光回線だけをNTTへ直接申し込み、プロバイダーへは別にインターネットへの接続サービスを申し込む方法と、プロバイダーへ光回線とインターネットへの接続の両方を申し込む方法があります。

時間的に急ぐのであれば光回線の申し込みと、インターネット接続を別々に申し込んだ方が工事は早く済みますが、プロバイダーへ光回線を含めた申し込みを行うと、多くの場合は何らかのサービスが付加されます。サービスの種類は一定に定まっているわけではなく、時期のより変化し、中間に入る代理店によっても変わってきます。

光回線への接続に関する情報に注意しておくと、予想外の高額なサービスを受けられる場合があります。サービスの他にも初期の料金も安く設定されたり、インターネット接続料も割引になる恩恵を受けることができます。

NTTへ単独でフレッツ光を申し込んだ場合は、そのような特典は受けることができない場合がほとんどですが、長期的に料金が割安になるなどの利点があります。

NTTはフレッツ光の直接販売から、提携する企業を通して販売を行う卸販売に主力を移しています。いずれの場合でも実際に利用するのは、NTTが全国に張り巡らしている光回線網であることに変わりはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です