フレッツ光はキャッシュバックよりも月額を重視!

ずっとスマホがメインになっていたのでこの数年間自宅ではインターネットを契約していなかったのですが、最近株式投資を始めたためにパソコンを購入。

インターネットも新たに契約することにしました。どうせパソコンも購入するなら家電量販店のキャンペーンでキャッシュバックの恩恵を受けようかと思い、早速秋葉原へ向かいました。

フレッツ光とプロバイダの契約で2万円キャッシュバックというプランをざっくり紹介されて、契約カウンターで詳しい内容を聞くことにしました。そこでよくよく説明を聞いてみるといろんなオプションに入らなければならず、またプロバイダ料金も月額が結構高く、結局は2万円のキャッシュバックがあっても毎月かかる金額が割高に思えて契約は保留していったん帰宅しました。

帰宅後、NTTフレッツ光に電話して、直接契約した場合いくらになるのか聞いてみました。するとNTTではキャッシュバックこそありませんでしたが、フレッツ光の「二年割り」とASAHI.netの2年間割引プロバイダ料金を合わせると、2万円キャッシュバックの家電量販店プランよりもかなりお得に契約することができました。

最初は、NTTで直接契約するとキャンペーンがないから高いというイメージがあったのですが、家電量販店で契約した場合と比べて月額にして2000円以上安く済んでいます。ちなみに、パソコンは結局某メーカーのアウトレット品を格安で購入することができたので、やはり2万円のキャッシュバックに目を眩ませずにNTTと直接契約を選んでよかったと思っています。

フレッツ光を使った感想とこれからの期待

自宅でフレッツ光を使用したメリットと感想を述べます。光回線は何といっても速度が安定している事が何よりのメリットです。無線で使用する方法と有線で使用する2つの方法があり、インターネットを使用する部屋の構造にもよると思いますが、体感的には有線で使用した方が圧倒的に速度は速いと感じました。

インターネットを使う方法として、フレッツ光などの光回線以外にWifiなどがあります。Wifiのメリットは何と言っても複数の機器を同時に接続出来て、なおかつ場所を選ばずに使えるということです。フレッツ光に関しては基本的に自宅などの限られた場所でしか使えません。

利便性という意味では確かにWifiの方が使い勝手がいいでしょう。しかし、インターネットを自宅などの固定の場所でしか使わないという事であれば、フレッツ光などの光回線でも有線だけでなく、複数の機器を同時に使用できる無線接続の方法があります。

たとえば、メインで使用するパソコンは早くて安定して使える有線を使用して、寝転びながらリラックスしスマホやタブレットでゲームをする時には無線で接続して使用するなど、用途に応じて使い分ける事が出来るのがフレッツ光の魅力と言えます。

合わせて、フレッツ光であれば、光テレビという月ごとに定額で地上波以外のテレビを視聴出来たり、映画などの作品を観る事が可能です。インターネットの利用以外にもオプションで映像サービスを使用出来るのがフレッツ光のメリットであると言えます。

そして、これからはフレッツ光の回線とプロバイダのセットサービスである光コラボレーションが展開されていきます。もっとお得にもっと便利になることが期待されます。

最新の情報が気になる方は光コラボ比較サイトでの情報収集をおすすめします。参考サイトをご紹介しておきます。

参考:光コラボ比較