フレッツ光はキャッシュバックよりも月額を重視!

ずっとスマホがメインになっていたのでこの数年間自宅ではインターネットを契約していなかったのですが、最近株式投資を始めたためにパソコンを購入。

インターネットも新たに契約することにしました。どうせパソコンも購入するなら家電量販店のキャンペーンでキャッシュバックの恩恵を受けようかと思い、早速秋葉原へ向かいました。

フレッツ光とプロバイダの契約で2万円キャッシュバックというプランをざっくり紹介されて、契約カウンターで詳しい内容を聞くことにしました。そこでよくよく説明を聞いてみるといろんなオプションに入らなければならず、またプロバイダ料金も月額が結構高く、結局は2万円のキャッシュバックがあっても毎月かかる金額が割高に思えて契約は保留していったん帰宅しました。

帰宅後、NTTフレッツ光に電話して、直接契約した場合いくらになるのか聞いてみました。するとNTTではキャッシュバックこそありませんでしたが、フレッツ光の「二年割り」とASAHI.netの2年間割引プロバイダ料金を合わせると、2万円キャッシュバックの家電量販店プランよりもかなりお得に契約することができました。

最初は、NTTで直接契約するとキャンペーンがないから高いというイメージがあったのですが、家電量販店で契約した場合と比べて月額にして2000円以上安く済んでいます。ちなみに、パソコンは結局某メーカーのアウトレット品を格安で購入することができたので、やはり2万円のキャッシュバックに目を眩ませずにNTTと直接契約を選んでよかったと思っています。

フレッツ光を使った感想とこれからの期待

自宅でフレッツ光を使用したメリットと感想を述べます。光回線は何といっても速度が安定している事が何よりのメリットです。無線で使用する方法と有線で使用する2つの方法があり、インターネットを使用する部屋の構造にもよると思いますが、体感的には有線で使用した方が圧倒的に速度は速いと感じました。

インターネットを使う方法として、フレッツ光などの光回線以外にWifiなどがあります。Wifiのメリットは何と言っても複数の機器を同時に接続出来て、なおかつ場所を選ばずに使えるということです。フレッツ光に関しては基本的に自宅などの限られた場所でしか使えません。

利便性という意味では確かにWifiの方が使い勝手がいいでしょう。しかし、インターネットを自宅などの固定の場所でしか使わないという事であれば、フレッツ光などの光回線でも有線だけでなく、複数の機器を同時に使用できる無線接続の方法があります。

たとえば、メインで使用するパソコンは早くて安定して使える有線を使用して、寝転びながらリラックスしスマホやタブレットでゲームをする時には無線で接続して使用するなど、用途に応じて使い分ける事が出来るのがフレッツ光の魅力と言えます。

合わせて、フレッツ光であれば、光テレビという月ごとに定額で地上波以外のテレビを視聴出来たり、映画などの作品を観る事が可能です。インターネットの利用以外にもオプションで映像サービスを使用出来るのがフレッツ光のメリットであると言えます。

そして、これからはフレッツ光の回線とプロバイダのセットサービスである光コラボレーションが展開されていきます。もっとお得にもっと便利になることが期待されます。

最新の情報が気になる方は光コラボ比較サイトでの情報収集をおすすめします。参考サイトをご紹介しておきます。

参考:光コラボ比較

やっと光回線が開通しました。

私の住んでいる地域は、凄い田舎です。

数年前から光回線を自宅に引き込みたくて、色んな光回線を扱う業者さんに問い合わせをして来ました。その回答は「お客様のお住まいの地域は光サービスの提供エリア外です。向う6カ月を見ても開通エリアになっておりません。」と断られていました。2年程前に新築一戸建てを購入した時にも光回線を自宅に引き込む工事をするつもりで、以前と同じように光の取り扱い業者さんに問い合わせをしましたが、同じ回答でした。

しかし、先月いきなり私の住んでいる地域が光のサービス提供エリアになったと聞きました。
どうして急に開通したのか判りませんが、光を取り扱う業者さんも4日前に聞きましたと言っていました。とにかく待望の光に加入出来るのですから、理由はどうでも良いのですが、契約しているスマートフォンのキャリアと光サービスを提供しているプロバイダーを一つにまとめた方が得だと言う事が判りました。現在、スマートフォンはdocomoと契約をしていて、インターネットはyahoo BBのADSLに加入しています。

私的には、スマートフォンのキャリアとインターネットのプロバイダーをSoftBankにまとめた方が良いと思っているのですが、スマートフォンをSoftBankした場合、電波が弱い可能性が出て来ました。ならばと言う事で、auに切り替えようと思ったのですが、au光は未だにサービスエリア外と言われ加入出来ませんでした。

今使用しているdocomoは、光に加入する事は出来るのですが、光回線を引く工事費の全額を私が負担しないといけない為、見送っています。今の段階では、au光が開通するのを待つしか無い様です。

ネットとテレビで大満足!「OCN光フレッツ」

OCN光フレッツは、「フレッツ光+OCN」で安心のネット環境を築くことができます。開設の際の工事も親切丁寧な対応で、ウィルス対策やメールアドレス設定などもササっと終わるため、ストレスを感じることなくインターネットを使用できるよになりました。また、Wifi環境も整うため、スマホのパケット代の節約に寄与しています。他社と比べると少し割高だと思われがちですが、実際に利用してみると大した差はないかと思います。また、フレッツ光では「光でんわ」や「光てれび」も利用できます。

「光でんわ」は、最初の申し込みの際に追加すれば低額で利用できるため、固定電話を設置したい方にオススメです。また、今は携帯電話各社で”かけ放題”プランもあるので、昔のように携帯電話で自宅へかけても高額請求されにくくなっているので、高額請求が心配なご家庭でも安心して利用できます。

「光てれび」は、月々2500円~3000円程度で利用できるのですが、地上波テレビよりも充実したコアな専門番組が多いため、今では地上波よりも「光てれび」を利用することが多くなっています。特に映画やスポーツ、料理番組、ニュースがオススメです。映画は一度見逃しても、数日後に再放送をしますし、スポーツはジャンルも多種多様で、地上波では放送されていないLIVE映像も配信されます。料理番組もニュースも季節によって内容が変更されたりう専門性が高い内容であったりするので満足度はとても高いです。

このように、「OCN光フレッツ」には、大手通信会社だからこその手厚いサービスを受けることができます。当然おオプションをつければ料金は少し高くなりますが、インターネットだけでなく、その他のサービスを利用した後の満足度も高く、解約も簡単なので使い勝手もイイです。

アイナンバーも使えるフレッツ光

フレッツ光、エキサイトを利用しています。この組み合わせでネット環境を構築してからその後、他のプロバイダーから乗り換えの誘いを受けたりしましたが、基本的に話は聞いても実際には動かず、すでに4年ほどが経ちます。

中には通信速度と料金で魅力的な提案もありました。しかし、乗り換えていないのは、それをすると現行の利用法が崩れてしまったりするからです。それほどこのフレッツ光とエキサイトの組み合わせは、私の家での使い方に合っています。

その一端をご紹介しますと、例えばアイナンバーです。これはナローバンドのISDN時代からあるもので、光回線でも利用できます。ひらたくいえば、登録してある電話番号とは別の電話番号を取得出来るシステムです。

いくつまで取得出来たか分かりませんが、我が家では2本使っています。これによって2台の電話機が別々にしかも同時に使えるのです。外からは2回線敷いているように見えますが、実際には1本の電話回線で2回線あるかのように見せることが出来るわけです。

最近誘いを受けた某社からは、現在の下りの速度を10倍にしながら、ほぼ同じ料金で接続実現できるといわれたのですが、惜しむらくはアイナンバーの登録は出来ないということでした。つまり、1回戦1台の電話機しか使えなくなるということなのです。

それでは外から見たときの印象がまるで異なりますので、大変魅力的な提案でありながら断りました。

アイナンバーが残る限り、フレッツ光とエキサイトの組み合わせを変えることはないと思います。

Biglobeをフレッツ光で使用する方法

現代は高速インターネット回線が必要な時代です。単にインターネットを閲覧し情報を得るだけなら携帯端末で十分ですが、インターネットを少しでも仕事で利用する場合は光回線への接続が必須の状況です。

NTTのフレッツ光は単独でも申し込みが可能ですが、Biglobeなどのプロバイダーを使用することを条件とした申し込みもできます。その場合は光回線だけをNTTへ直接申し込み、プロバイダーへは別にインターネットへの接続サービスを申し込む方法と、プロバイダーへ光回線とインターネットへの接続の両方を申し込む方法があります。

時間的に急ぐのであれば光回線の申し込みと、インターネット接続を別々に申し込んだ方が工事は早く済みますが、プロバイダーへ光回線を含めた申し込みを行うと、多くの場合は何らかのサービスが付加されます。サービスの種類は一定に定まっているわけではなく、時期のより変化し、中間に入る代理店によっても変わってきます。

光回線への接続に関する情報に注意しておくと、予想外の高額なサービスを受けられる場合があります。サービスの他にも初期の料金も安く設定されたり、インターネット接続料も割引になる恩恵を受けることができます。

NTTへ単独でフレッツ光を申し込んだ場合は、そのような特典は受けることができない場合がほとんどですが、長期的に料金が割安になるなどの利点があります。

NTTはフレッツ光の直接販売から、提携する企業を通して販売を行う卸販売に主力を移しています。いずれの場合でも実際に利用するのは、NTTが全国に張り巡らしている光回線網であることに変わりはありません。